お風呂
従来は日本の住宅には、一つのお風呂が設けられていました。
しかし、最近は欧米住宅のようにお風呂を2か所もしくは3か所設けるお家も現れ始めました。

【二つ目のお風呂が求められる理由】
1か所で足りない理由としては、若者が親やお爺さんと同じお風呂に入りたがらないケースです。
また親戚や友人が宿泊する際にも、普段とは別にお風呂を設けておくと安心して利用してもらえます。
将来子供たちが勤めに行き出して、家族の中で生活リズムがバラバラになっても、2つお風呂があれば夜遅く帰ってきてもあまり迷惑をかけることなく入浴できます。
そうしたセカンドのお風呂を用意する時には、お風呂の種類も工夫が必要になります。

【二つ目のお風呂の選択肢】
通常のユニットバスを設ける方法もありますが、コンパクトでシンプルに納まっている「洗い場付き浴槽」を用いる方法もあります。
お風呂のサイズも豊富で、シャワーやバスタブなど基本的な物は揃っています。
値段も安いですし、バスタブと洗い場がFRPなどで一体式に作られているので漏水などの心配もいりません。
2つ目のお風呂を考えた時に参考にしたいですね。
他の考え方としては、シャワールームを用意する方法もあります。
洗い場付浴槽に比べるとスペースが小さくて設置できます。
シャワールームといっても、ガラス張りの物や高級なシャワーシステムの物も販売されていますので、家族がたくさんいるお家では有効な設備かもしれません。
シャワールームにしても洗い場付浴槽にしても、設置する際は専用の給湯器を設けるか、既存の給湯システムを大型化することが望まれます。
理由は、ガス給湯器にしてもエコキュートにしてもお湯を沸かして、送り出す量に限界があるからです。
そのために、2つのお風呂を同時に使用した際は、今までのままの給湯器であればシャワーがチョロチョロとしかでなくて大変不便です。
普通のリフォーム店さんや設備店さんはこうした機器的なことは知っていますが、リフォーム経験が浅い人は知らないので注意が必要ですよ。

浦安リフォームブログ関連記事:

洗面台のリフォームで抑えて置きたい事

浴室をリフォームする際に気を付ける事