今日の浦安リフォームブログは、家の外壁のリフォームについてご案内させて頂きます。

家に長く住んでいると、傷みや汚れがあちこちで見られるようになります。特に外部に接した外壁は、人の目につくことから気になることでしょう。 古くなった外壁は直さないと非常にはずかしいものです。そこで、リフォームを考えることになるのですが、外壁の劣化による傷みには、さまざまな種類があります。

住宅の外壁では大きく分けて、モルタル壁、漆喰壁、土壁、板張り壁、サイディング張り、タイル張りなどがあります。中でも古くてリフォームが必要となっている最近の住宅の外壁では、モルタル塗、板張り、タイル張りのものが多く見られます。これらの仕上げ方法から外壁のリフォームでは、壁の種類に合った工法で工事が行なわれるようになります。

モルタル塗りの場合は、塗り替えるという方法が行われます。古くなった外壁では、はがれたり、日々が目立つようになっています。塗り替えのりリフォームでは、張り替える必要はありませんが、ひび割れが大きかったり、下地が傷んでいる場合は、塗り替え前に補修などを行なう必要があるでしょう。同時に耐震に不安があるときは、補強工事も行なっておくとよいかもしれません。また、板張りやタイル張りという外壁乃場では、板を張り替えるといった方法が行われます。 ただし、板張りの張替では、注意するべきことがあります。都市部では、法令によって延焼の恐れのある部分は、不燃や難燃材料を使わなくてはならないとしています。そこのことから、いままで張っていたものと同じものを使うことができなくなります。

近年は、耐火性のあるサイディングを使うことが多くなっています。サイディングでは、種類があるので、外壁に風合いを残したいと思う住宅でも対応することはできます。タイル張りでは、タイルが不燃素材であることから、防火上では問題はありません。また、高級感を見せる素材として知られているので、グレードアップを望むときには、タイル張りがよいでしょう。

浦安リフォーム関連情報:
浦安リフォーム戸建てランキング
屋根の塗装リフォーム

[pr-mania]3[/pr-mania]