エコ
【エコキュートの魅力】
エコキュートのコアな技術として知られるヒートポンプ。
近年では冷蔵庫や洗濯乾燥機、温水床暖房などエコキュート以外にも様々な場面でもエコキュートの利用は広がっています。
電気の利用を主においているご家庭では、エコキュートの活用が中長期的な視点で家計に貢献してきます。
ガスを利用されているご家庭では、エネファームやエコウィルが従来の給湯設備に比べると高効率で効果的です。
初期費用はかかりますが、毎月のガス代が割り引かれたり、助成金制度を活用できたりするなどで効率よく導入できるようになっています。

【エコキュートの注意点】
こうしたエコキュートやエコウィルといった省エネ最新設備も万人に効果があるものではないという事は知っておく必要があります。
例えばエコキュートでいえば、出張や旅行で留守がちな家には向いていないと考えられます。
エコキュートは深夜電力でお湯を沸かして、タンク内に貯湯していますが、タンク内のお湯の温度が一定温度以下になると再沸騰を行います。つまり家にいなくてお湯を使っていなくても電気代がかかってしまいます。最近のエコキュートにはお留守番機能などがありますが、旅行や出張前というのは忙しくてこうした設定はついつい忘れがちになります。
その結果、本来お得である電気代も非効率となってしまう可能性があります。

【エコウィルのしくみ】
エコウィルについては、給湯時に発電する仕組みとなっており、家電製品などとの組み合わせもポイントになってきます。例えば冬場はよくお湯を使いますが、暖房をストーブで利用している方も多いと思います。
このケースでは、給湯時に発電された電気も行き場がありません。太陽光発電×エコウィルのダブル発電も注目されていますが、どうもダブル発電の場合では売電単価が大幅に下がってしまうようです。
リフォームに合わせて家の給湯設備を交換しようと考えている方も多いと思いますが、すべての場合でメリットが生まれるわけではないことを承知しておく必要がありますね。

浦安リフォームブログ関連記事:

【エコ】太陽熱温水システムの進化と魅力

【注目!】リフォームでも減税を受けられるケースがあります