お湯 【太陽熱温水システムとは】
一時期は太陽光発電の勢いに隠れていた太陽熱温水システムが、最近再び見直され始めています。
太陽光発電に比べると初期費用が安く、太陽エネルギーの変換効率が発電より温水の方が高いことが挙げられます。
太陽光発電のエネルギー変換効率は約20%に対して、太陽熱温水システムは約40%になり、2倍以上のエネルギー変換効率があります。

【太陽熱温水システムの進化】
また太陽熱温水設備自体も、昔ながらのデザインでなくスタイリッシュなタイプもノーリツなどから販売されています。特に熱回収パネルと貯湯ユニットを分けているタイプでは、重い水タンクを屋根に置かなくてよく、建物の耐震性・建築コスト削減にも有効となっています。
太陽熱で作ったお湯も、従来はお風呂や台所での利用でしたが、最近は床暖房としても利用できるようになっています。温水式床暖房と接続することによって、太陽の熱を床まで持ってくることができます。太陽熱利用給湯システムも時代によって変化していますね。この仕組みは、暖房費の節約となり、にわかに注目を集めている暖房システムになります。

【太陽熱温水システムの効果】
給湯器メーカー・ノーリツによると、LPガス住宅で太陽熱温水利用システムを取り入れると年間で約3万円以上ガス代を節約できると試算されています。
家のリフォームや太陽熱温水器の交換の時には、このような床暖房としても利用できる太陽熱システムを参考にすると有効かもしれませんね。

【太陽熱温水システム設置費用目安】
設備導入にかかる費用は、ノーリツの場合で約80万円の機械代になります。それに加えて工事費用がかかってきますので、床暖房工事などを行う場合はある程度前もって試算しておく必要がありそうですね。
ノーリツ以外にもいくつかメーカーは、ありますがだいたい似たような値段設定になっています。
太陽熱利用給湯システムの導入にあたっては、最寄りの自治体の補助金を利用できます。
千葉市の場合は、1件あたり4万円から10万円の補助金が用意されていますが、受付件数が30件限り等少ないため、毎年すぐに受け付け終了となるようです。

浦安リフォームブログ関連記事:

【エコ】太陽光発電の変換効率を参考にする際の注意点

【注意】屋根のリフォームをする際に気をつけたいこと