タイルカーペット

住宅の床のリフォームでは、床を張り替える以外にもタイルカーペットを敷くといった方法があります。この方法では、既存の床に敷くことができるようになることから、比較的に簡単に設置できるようになります。

タイルカーペットの設置では設置条件がありますので、この点について注意しなければいけません。タイルカーペットは、カーペットやクッションフロアのような柔らかい素材の上に貼ることはできず、コンクリート、フローリングなどの固い床で仕上げた上に貼ることになります。

なお、タイルカーペットを貼るときは注意しなければならないことがあります。床にはゴミやホコリが挟まっていると、カーペットの仕上がりが悪くなります。 そこで、タイルカーペットの設置前には、きれいに清掃を行ない、敷いているときも不純物が入らないように気をつけるべきとしています。 なので、こういった施工をお願いする時には、必ず信頼のおける評判が良い業者にお願いする事にしましょう。

さらに、これも忘れてはいけないポイントなのですが、カーペットの厚みについても事前に確認しておくことが必要となります。タイルカーペットが厚いと、ドアが開かなくなるといったことにもなってしまいます。この点については注意しなければなりません。

タイルカーペットの張り方には、松張り、流し張りがありますが、目地を目立たなくするには、市松張りがよいとされています。たとえば、住宅でもタイルカーペットのリフォームにおいては、市松張りを採用したほうが家の床がきれいに仕上がるようです。

こういった事をポイントに良い床のリフォームを行って下さいね。

浦安リフォームブログ関連記事:
床のタイルリフォームについて
タイルのプチリフォームのポイント