床のタイル

家の傷みで目立つところとして、床の老朽化等も気になる所です。最近では、タイル調の床のリフォームが人気になっている様です。

床の場合、いろいろな種類のものが使われていることから、張替が必要となったときは、どの素材にしたら良いのか迷ってしまいますよね。主な床の種類としては、板張りやフローリング、タイル張りなどがありますが、タイル張りの場合は、家の中で使う内装床、外装床があります。素材としては、木製、石、焼き物、布タイルなどさまざまです。

木製のものは、住宅などはよくつかわれているようで、木の香りが楽しめる無垢板材の床タイルに最近は人気があります。

石では、天然石もありますが、この素材は、効果であるため、一般住宅では使われることはあまりありません。きれいな石がもつ雰囲気を与える場合は、天然石の代わりに価格が手ごろな繊細な天然石素材をちりばめたテラゾーなどを使うことはあります。
この素材であるなら、デザイン性が高いことから、きれいな床に仕上げる事が容易です。

床タイルではほかにもクッションフロアのものや、タイルカーペットというものもあります。今は非常に沢山の物が有るので選ぶ時には迷ってしまうかもしれませんね。
床の素材、カラー、使い方によっては、室内の印象が変わるものです。部屋の雰囲気に合った素材をリフォーム会社の方と相談しながら変えていく事をおススメ致します。

また、床タイルの場合は、施工において気をつけなければならないことがあります。
床タイルのサイズに合わせて床の寸法を測り、納まりをよくするといったことが必要なので、きちんとなっていないと隙間ができたり、凸凹としたものになってしまいます。
工事が完了したら、タイルの場合はしっかり隅々までチェックする様にしましょう。

浦安リフォームブログ関連記事:
タイル調のキッチンへのリフォーム
中古マンションのリフォームについて