フローリング
【ワックスの大切さ】
新築やリフォームで床面を新調した時に悩むこととして「ワックス」があります。
フローリングの場合、ワックスを掛けるか掛けないかでフローリングの寿命が違ってきます。しかし、一度ワックスを塗るとずっと塗り続ける必要が出てきます。お部屋の使用頻度にもよりますが、毎年ワックスを塗る方が好ましいと言われています。
一般家庭でワックスを塗ろうと思うと、結構大変です。家具を移動したりワックス塗りの道具を準備する必要があります。
そこで近年ワックスフリーのフローリングが多く販売されています。

【ワックスフリーのフローリングの特徴】
実際に見た目は既にワックスを塗っているような感じで、10年程度の効果が期待できるようです。施工業者さんの中には、ワックスフリーの事を理解していなくてワックスを塗ってしまう事もあるようです。この場合は著者の経験上、1,2年でワックスが剥がれてきます。日焼けをした後の肌のように床の表面がボロボロ剥がれていきます。
こうしたミスが発覚した場合は、ご自身できれいにしようと思うと大変なので、業者さんにワックスを剥がしてもらうように相談することが重要となります。
近年はワックス以外にも新素材が登場しており「フロアコーティング」という手法もあります。

【フロアコーティングの特徴】
フロアコーティングは、紫外線硬化塗装を用いて、床の表面を塗料の皮膜で覆う施工方法になります。防食、防腐、防蟻、防汚、防水、殺菌、耐火にも効果があり、見た目もいいとお客様に喜ばれています。
フロアコーティングで使用する塗料にはいくつか種類があり、人体に無害な物もあります。ひとつは「無機質ガラス素材」のフロアコーディングで、常温で硬化する特徴があります。ガラス素材なので意匠性もよく、無害で安全という大きなメリットがあります。ガラスというと滑りを気にされる方もいらっしゃると思いますが、こうした多くの素材にはノンスリップ加工が施されています。
10年は最低でも塗り直さなくてもいいとして、10年保証を付けて販売されている業者さんもあるようです。

浦安リフォームブログ関連記事:

【アレルギー】住宅の「環境ホルモン」問題とは

木造住宅の特性とメンテナンスの必要性とは