子供とウッドデッキ

リビング+αの感覚で使えるウッドデッキは、今とても強い人気があります。敷地内に空きスペースがあれば、たいていのお家でウッドデッキを施工することは可能です。
費用もそれほど高くなく、20万円~60万円程度で収まるのがほとんどです。最近では、DIYといって日曜大工的に個人で簡易的なウッドデッキを作る方も増えているようです。

実際のウッドデッキ設置にあたっては、設計と材料の選定が必要になってきます。個人で作成しようと思うと、それなりの道具や工具が必要になり、意外と高くつくケースもありますので事前に予算を確認してから作成をされる事をおススメ致します。
確かに作る楽しみはありますが、こういった住宅工事の場合、数年たってもちゃんと使える様に工事しないと、けがにつながったり、ウッドデッキが腐って来てしまったりしますので、出来ればプロにお願いする事がおススメです。

まず最初に行うことは、ウッドデッキの設計です。このときに、デッキの形がシンプルであれば、施工しやすく費用も抑えられますが、スペースの関係で複雑な形状になる場合は少し費用が上がりがちです。材料も天然木と人口木から選びます。
天然木は比較的ローコストですが、腐食しやすく定期的な防腐剤の塗装が必要になります。それに対して人口木は、割高な分、メンテナンスがほとんど必要なく長く使用できる利点があります。
木の貼り方も、横貼りか縦貼りかによって手間と、仕上がりの景観が違ってきます。一見簡単そうなウッドデッキの作成も、実は複雑でそれなりの技術が必要です。

またウッドデッキの上は人が移動しますので、安全性も求められます。子供さんがいるお家では、子供が跳ねたり跳んだりしますので、頑丈につくられている必要があります。

ただし、デッキの掃除やデッキ下の管理などの手間はかかってしまいます。なんとなくウッドデッキを作るという感じではなく、犬や子供と遊ぶスペースの為になど、目的を明確にさせておくことも必要かもしれませんね。

浦安リフォームブログ関連記事:
リフォーム業者の評判は要確認!
リフォームする際は目的を明確に!